地球にも人間にも優しいZEHで家を建てよう

地盤の確認

部屋

基礎をしっかりと

家の基礎を設計するためには、その土地がどのような土地であるかを知る必要が出てきます。建物にとって最も注意しなければならないのが、不同沈下です。不同沈下というのは敷地の中に、軟弱な地盤と固い地盤が混在して軟弱な部分が沈下を起こしてしまい、建物が傾いてしまうことです。また山地を土で盛ったり切ったりして造成した土地は、安定するまで盛った部分が元の地形に戻ろうとします。このような土地に家を建てた場合も、不同沈下を起こしやすくなっています。藤沢にも造成された土地が数多くあります。建物が傾いてしまうと建具が閉まらなくなってしまったり、壁や基礎にクラックが入る恐れがあります。また排水管の勾配が悪くなってしまい、つまりや破損の原因になってしまいます。そして傾いた方向へ荷重が偏ってしまうので、めまいがして気分が悪くなったりします。不同沈下による傾きを補修するとなると多額の費用と労力がかかり、建築主に大きな精神的な苦痛が伴うことになってしまいます。藤沢の土地の地層が泥土、腐植土などで構成されていたり泥や緩い砂などで埋め立てたりしたような地盤を軟弱地盤といいます。この軟弱地盤は沼や水田、谷や海岸などに土砂で埋め立てたところや三角州や河川沿いなどの低地に多く、ここに建物を建ててしまうと不同沈下を起こしやすくなります。藤沢にも軟弱地盤の場所があります。藤沢でこのような軟弱地盤を購入した時は、地盤補強をしっかりと行って基礎をしっかりとした地盤の上に設置する必要が出てきます。